土地家屋調査士が独占業務をもっているメリット

今回は、土地家屋調査士が独占業務をもっているメリットについてご紹介していきます。

 

土地家屋調査士の受験を考えている方の中には、土地家屋調査士がもっている独占業務に、具体的にどんなメリットがあるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、土地家屋調査士の独占業務にどんなメリットがあるのかについてまとめました。土地家屋調査士を目指そうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

土地家屋調査士が独占業務をもっているメリット

 

土地家屋調査士は、不動産の「表記に関する登記」の申請を独占業務としている国家資格です。それでは、土地家屋調査士の独占業務にどんなメリット3つを見ていきましょう。

 

独立開業がしやすい

 

1つ目のメリットは、独立開業がしやすいということです。不動産の所有者が登記を行う際には、必ず「表記に関する登記」をすることが義務付けられています。そのため、土地家屋調査士は、建物を建てたりその用途を変更したりした場合に発生する業務を独占的に担うことになるので、独立開業がしやすいというメリットがあります。

 

就職や転職に役立つ

 

2つ目のメリットは、就職や転職に役立つということです。土地家屋調査士は不動産登記に関わる独占業務をもっているため、不動産関係の会社や土地家屋調査士事務所など、必ず土地家屋調査士を置いておかないといけない会社が数多くあります。そのため、採用条件に資格必須と記載されている場合も多く、就職や転職に有利になるのもメリットです。

 

需要が安定している

 

3つ目のメリットは、需要が常に安定しているということです。土地家屋調査士の独占業務は、建物の新築・増築・用途や構造の変更・取り壊しなど、不動産全般にかかわる業務内容のため、需要が安定してあるのもメリットです。その一方、資格試験の受験者数は年々減少しているため、狙い目の資格とも言えます。

 

土地家屋調査士の独占業務のメリットは、非常に大きい

 

いかがでしたでしょうか?この記事を読んでいただくことで、土地家屋調査士が独占業務をもっているメリットについてご理解いただけたと思います。

 

土地家屋調査士の独占業務は、需要が安定している不動産登記にかかわる部分なので、非常にメリットの大きい資格です。土地家屋調査士を目指そうと考えていた方は、ぜひ参考にしてみてください。

当サイトでは土地調査士の資格取取得をお考えの方のために、おすすめの土地調査士の予備校をランキング形式で紹介しています!良かったらチェックしてみてください。