土地家屋調査士に向いている人にはどんな特長があるの?

今回は、土地家屋調査士に向いている人の特長についてご紹介していきます。

 

土地家屋調査士の受験を考えている方の中には、自分は土地家屋調査士に向いているのか気になるという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、土地家屋調査士にはどんな人が向いているのかについてまとめています。土地家屋調査士を目指そうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

土地家屋調査士に向いている人の特徴

 

土地家屋調査士は、土地や家屋の登記と測量を行ったり、土地の境界線や相続トラブルの相談にのったりすることもあります。土地家屋調査士に向いている人の特徴5つを見ていきましょう。

 

①コミュニケーション能力が高い

 

土地家屋調査士は、測量を行ったり登記の手続きをしたりなど、あまり人と関わらないようなイメージがあるかもしれません。しかし、実務では土地に関するトラブルの相談に乗ったり、土地の測量を行う際に近隣の住人の方に立ち会ってもらいながら作業をするケースもあるため、初対面でも円滑なコミュニケーションが取れる人が向いている職業です。

 

②屋外での仕事に抵抗がない

 

土地の測量は屋外での作業になるので、外仕事に抵抗がない人の方が土地家屋調査士に向いています。炎天下の日に作業することもあるので、絶対に日焼けをしたくない、という人には厳しい現場かもしれません。

 

③体力がある

 

屋外での現場作業に出るため、ある程度の体力も必要です。現場まで運転をしたり、いろいろな道具を使って測量や杭打ちをしたりなど、女性でもできるような業務内容ではありますが、デスクワークと比べると体力の消耗が激しい仕事なのは間違いありません。

 

④図面を引いたり書類を作成したりなど細かい事務作業が苦にならない

 

土地家屋調査士は、測量したものを図面におこしたり書類を作成したりといった事務作業もこなす必要があります。そのため、細かい事務作業にも正確に丁寧に取り組める人が向いています。

 

⑤誠実な性格

 

土地家屋調査士が扱うのは、土地や建物といった他人の財産や権利です。そのため、相談者の方と信頼関係を築くことができる誠実な性格であることが求められます。

 

土地家屋調査士は、さまざまな能力が求められる

 

いかがでしたでしょうか?この記事を読んでいただくことで、土地家屋調査士に向いている人の特長についてご理解いただけたと思います。

 

土地家屋調査士は、事務作業や屋外作業、人とかかわる場面も多く、さまざまな能力が求められる職業です。土地家屋調査士を目指そうと考えていた方は、ぜひ参考にしてみてください。

当サイトでは土地調査士の資格取取得をお考えの方のために、おすすめの土地調査士の予備校をランキング形式で紹介しています!良かったらチェックしてみてください。